Message 代表メッセージ

きちんとした情報があれば、人はもっと良い選択ができる

自分たちの生み出した仕事で、多くの人たちの”今はまだない良い選択肢”を増やしたい。
それこそが、クーリエを動かす原動力です。

私たちはこれまで、社会問題に対して真剣に向き合い、メディアを通じて世の中に良い影響を与えるような
情報を絶えず発信してきました。それによって少しずつ社会が変わっていく手ごたえを感じています。

私たちの行動が社会を変える

私は、産業は社会をより良くする最も合理的な手段であり、
長期にわたって社会に貢献していく必要があるものと考えています。

そして、「自分の仕事が、私たちの取り組みが、社会を変える」
本気でそう考えている人の集まりが、クーリエという会社です。

目の前の仕事だけでなく、社会問題さえも自分ごととして捉え、
全員がそれぞれの仕事を通して本質的な課題に真正面から向き合っています。
そうして自分がやるべきことを推進すれば、必ず結果はついてくる。

そう考えているからこそ、立ち回りのうまい人よりも、「何を推進し、何を成し遂げたのか」を、
フェアに評価する企業文化を今日までつくり上げてきました。

そんなメンバーと一緒に、そんな社風の会社で
これからも社会にインパクトを与えるような仕事をしていきたいと思っています。

クーリエは、いつも“ちょっと先の未来”を届けます

情報社会と言われる現代においては
かつて産業として成り立っていた業界の境界線がなくなってきていると言えます。

また、情報そのものの共有スピードや、再現コストは限りなくゼロに近くなり、
情報の価値はものすごいスピードでコモディティ化していきます。

そうした価値、ひいては時代の転換期には、人が知識を再編集して紡ぎだす創造性の高い仕事、
そしてテクノロジーによって、産業が再定義されていきます。

私たちは、この不可逆な時代の流れにおいて、
事業を本質的に進める方向を見定め、いつも変化をし続け、時勢の先頭に立つような存在でありたい。

今はまだないけれど、「未来にはあるべきもの」を、誰よりも先に実現していく。
自分たちの手で創り出していく。
これからも、そのチャレンジを続けていきます。

代表取締役 安田 大作